« 2005年4月28日 | トップページ | 2005年4月30日 »

2005.04.29

ついに開幕♪

ついにTEAM-NACS全国公演がスタートしましたね。

「全国公演」という事で兄さん達はもちろん
周りも、私達ファンもいろいろな意味で
期待やプレッシャーが大きな公演となっていますね。

リーダーのDIARYもそうですし、
藤村Dの日記、あちこちのblog様でも書かれています
「マナー」について・・・

これはねぇ・・・難しい事だと思うんですよね。
言ってしまえば常識的な事であったりするわけで
わかっていてワザとやっているのであれば
ただの非常識ですけどね。そうじゃない場合もあるし。

個人的には「あれはダメこれはダメ」って気にしすぎて
お芝居自体を楽しめなくなるのはイヤなので
藤村Dの言っているように
>芝居を見て、「よくやった!」「よかったぞ!」と思えば、
>惜しみない拍手を送ってやり、「なんだよ」と思えば
>パラパラの拍手で構わんでしょう。
>彼らはあなた方に向かって長年芝居をしてきているのであり、
>あなた方の判断を心待ちにしておるのです。
>見たままの、正しい気持ちを、
>彼らにぶつけてやっていただきたいと、そう思うのであります。

お芝居に限らず、映画やなんかでも
隣や側の人が、ヒソヒソでもなんでも
話をしていたら、うるさいと思うし
携帯なんか鳴るようなもんならムカツキますからね。
携帯は鳴らなくてもバイブの振動だって
音はしますし、イヤですよね。
開いてもれる明りだってイヤです。

仕事などなんらかの事情で着信は残らないと困るから
携帯の電源を切れないのであれば
「じゃぁ来なきゃいい」なんて事までは言いません。
だってそれでも兄さん達を、お芝居を見たいって気持ちも
わかるからね、、、。
もしもなんならかの理由があるのであれば
あらかじめ出来る限りの事・・・・
かかってくるであろうと思われる相手に
この時間だけはダメだと伝えるとか
着信音も振動もバックライトもすべてOFFにするとか
一番後ろなんかの出口に近い席の人に
頼み込んで席を変わってもらうとか・・・・

まぁそれで済む事じゃないのかもしれないけれど
良いとか悪いの前に、人に不快感を与えない努力を
みんなが心がければいいんじゃないかと思う。

とは言え、人の感情は人それぞれで
不快に思うかどうかも、人それそれだからこそ
ちょっとしたことは悪気がないのかもしれない・・・・

ん~なんてまとまりのない事書いているんだろう(笑)

去年ね、帝国劇場に「レ・ミゼラブル」を見に行ったんですが
私的には「帝国劇場」で題名も「レ・ミゼラブル」ってだけで
敷居の高いものだと思っていたし
いい意味で「そう人達」ばかりが来ている所だと思っていました。
私は貰い物のチケットだったのですが
買ったら1万円とかしますしね・・・。

でもね、最中に携帯見てる人とか、休憩後は物を食べながらの人とか
話をしてる人とかいたんですよね(-。-;)

ただ、私がその舞台に出ている役者さんに対しての
気持ちの違いがあるからだと思いますが
客席のマナー、そしてそれを役者さんがどう思うかなんて
気にしていなかったから、「イヤだな」とは思ったけど、
「ゆるせない」って程に思うわけではなかったんですよね(-。-;)

でも今回はやっぱり役者さん、、、
そう兄さん達に対する思いが強いからこそ
みなさんがマナーについても厳しくなるのだと思うし、
そう思う気持ちの方がわかる。

ネット上のネタバレも一緒ですよね。
まだ見ていない人を思えば書かないほうがいいのは当然です。

・・・でも考え方を変えると
チケットが取れなかったから見に行けない。
だからネットでしか知るすべがない。
そんな人だっていると思うんですよ。

書くのも見るのもある意味「自由」なネットの世界です。
だからやっぱり書く人が、ちょっと気をつければいいんですよね?

リーダーにお願いされたのにそれでも書くのであれば
私は「あぁ、そう言う人なんだな」って思ってしまうので
気が付いた時点で見ないようにすると思います。

でも見るのも見ないのも選択出来る上で
書いているのであれば自分が見ても平気なら見ると思うし
書いてある事をどうも思わないかな?って気がします。

エラソーに書いてるようで、何が言いたいのか
イマイチわからないって自分でも思いますが(笑)

お芝居を見る自分に必死になりすぎて
お芝居に集中出来ないんじゃ本末転倒ですから~
周りがどうこうってんではなく
自分の気持ちに正直にいたいと思う。
自分がされてイヤな事は人にしない。
それだけの事だと思うんです・・・よねぇ。

ツアーの最終日まで全ての人が気分良く
いられたらいいですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月28日 | トップページ | 2005年4月30日 »